御幸森天神宮透塀 みゆきもりてんじんぐうすきべい

宗教建築 / 昭和以降 / 近畿 

大阪府
昭和前/1930
木造、銅板葺、延長32m
1棟
大阪府大阪市生野区桃谷3-10-5
登録年月日:20000428
宗教法人御幸森天神宮
登録有形文化財(建造物)

拝殿背後から延びて幣殿及び本殿を巡る塀。高さ約1mの切石積に建ち、折れ曲がり延長17間で、挿肘木を用い銅板葺の屋根を架ける。各間に連子窓を設け腰板壁とする。柱・垂木などは本殿、拝殿などと同様な大面取りとして意匠を統一する。

作品所在地の地図

関連リンク

御幸森天神宮透塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

御幸森天神宮幣殿
御幸森天神宮拝殿
鴉宮中門及び透塀
御幸森天神宮本殿
蟻通神社後門及び東西透塀
ページトップへ