蟻通神社後門及び東西透塀 ありとおしじんじゃごうもんおよびとうざいすきべい

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 昭和以降 / 近畿 

大阪府
昭和前/1942
後門 木造、銅板葺、間口2.4m 東透塀 木造、銅板葺、総延長24m 西透塀 木造、銅板葺、総延長24m
1棟
大阪府泉佐野市長滝806他
登録年月日:20150804
宗教法人 蟻通神社
登録有形文化財(建造物)

本殿背後に建つ後門と、東西に本殿を囲み拝殿背面にいたる透塀で、整層積の石垣上に建つ。後門は一間腕木門で両折桟唐戸を吊り、楣上に足の長い蟇股を配す。透塀は柱間に尖頭形の竪板を張詰め、上部目透しとする。透廊とともに社地移転時の様相を伝える。

作品所在地の地図

関連リンク

蟻通神社後門及び東西透塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

蟻通神社透廊
鴉宮中門及び透塀
吉野神宮裏門及び透塀
今宮神社若宮社門・透塀
平安神宮透塀及び後門
ページトップへ