平安神宮透塀及び後門 へいあんじんぐうすきべいおよびこうもん

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 昭和以降 / 近畿 

京都府
昭和前/1940
木造透塀、銅板葺、折曲り延長90m、及び棟門、間口3.0m
1棟
京都府京都市左京区岡崎入江町121
登録年月日:20020821
宗教法人平安神宮
登録有形文化財(建造物)

昭和15年,孝明天皇合祀時に行われた一連の造営の一つ。これらの設計は内務省神社局技師であった角南隆と谷重雄である。一間棟門の後門を中心に左右に透塀を延ばし,当初は総延長で114mに達していた。本殿の背後を区切る建築である。

作品所在地の地図

関連リンク

平安神宮透塀及び後門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

蟻通神社後門及び東西透塀
今宮神社若宮社門・透塀
平安神宮東神庫
木村家住宅門及び塀
鴉宮中門及び透塀
ページトップへ