御幸森天神宮本殿 みゆきもりてんじんぐうほんでん

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 昭和以降 / 近畿 

大阪府
昭和前/1930
木造平屋建、銅板葺、建築面積15㎡
1棟
大阪府大阪市生野区桃谷3-10-5
登録年月日:20000428
宗教法人御幸森天神宮
登録有形文化財(建造物)

三間社流造で屋根正面に千鳥破風と軒唐破風を付ける組物は身舎を軒支輪付の出組、庇を三斗組とする。身舎庇ともに実肘木に大仏様の繰形を施し、蟇股や木鼻の形態も古式である。透塀越しに望めるように床を高めている。設計は奈良の吉田種次郎と伝える。

作品所在地の地図

関連リンク

御幸森天神宮本殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

御幸森天神宮透塀
御幸森天神宮拝殿
蟻通神社本殿
御幸森天神宮幣殿
安倍晴明神社本殿
ページトップへ