象山神社本殿 ぞうざんじんじゃほんでん

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 昭和以降 / 中部 

長野県
昭和前/1938
木造平屋建、銅板葺、建築面積33㎡
1棟
長野県長野市松代町松代1502
登録年月日:20051226
象山神社
登録有形文化財(建造物)

3間社流造,二軒繁垂木,銅板葺である。軸部は身舎が円柱,庇が角柱,組物は実肘木付の三斗組,身舎と庇を水平の繋虹梁で結び,妻飾は虹梁上に蟇股を乗せる。四周に縁を廻し,脇障子はなく,伝統様式に則った本殿建築で,装飾の少ない古風な意匠とする。

作品所在地の地図

関連リンク

象山神社本殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

遠石八幡宮本殿
玉依比賣命神社本殿
玉依比賣命神社宗形社本殿
向山神社本殿
鳥海山大物忌神社吹浦口ノ宮摂社月山神社本殿
ページトップへ