真清田神社本殿及び渡殿 ますみだじんじゃほんでんおよびわたどの

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 昭和以降 / 中部 

愛知県
昭和中/1954
木造平屋建、銅板葺、建築面積186㎡
1棟
愛知県一宮市真清田1-2-1
登録年月日:20060803
宗教法人真清田神社
登録有形文化財(建造物)

南面して建つ。本殿は三間社流造で,四周に縁を廻し,三斗組,二軒繁垂木,妻飾は二重虹梁である。前面に両下造で,中央格天井,両側間を化粧屋根裏とした渡殿が繋がる。檜材を用い,蟇股など装飾細部を最少限に抑え,優れた比例と荘厳な造形を達成している。

作品所在地の地図

関連リンク

真清田神社本殿及び渡殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

真清田神社祭文殿
象山神社本殿
向山神社本殿
都萬神社末社五林大明神社
春日神社摂社八坂神社
ページトップへ