文化遺産オンライン

向山神社本殿

むこうやまじんじゃほんでん

概要

向山神社本殿

むこうやまじんじゃほんでん

宗教建築 / 明治 / 中国・四国 / 鳥取県

鳥取県

明治/1873

木造平屋建、銅板葺、建築面積3㎡

1棟

鳥取県八頭郡智頭町大字市瀬

登録年月日:20060327

板井原地区町内会

登録有形文化財(建造物)

ほぼ南面して建つ一間社流造。石造亀腹上に廻した土台上に軸部を組み,組物は三斗,中備蟇股とする。虹梁や手挟などの絵様装飾が豊かで,獅子鼻は立体的な造形である。軒は正面が二軒繁垂木,銅板葺である。近世以来の伝統的な形式と造形をよく継承している。

向山神社本殿をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

本殿 / / 蟇股 /

関連作品

チェックした関連作品の検索