熊野出速雄神社随神門 くまのいずはやおじんじゃずいじんもん

宗教建築 / 江戸 / 中部 

長野県
江戸/1817
木造平屋建、瓦葺、建築面積21㎡
1棟
長野県長野市松代町豊栄字中ノ峯5454
登録年月日:
宗教法人熊野出速雄神社
登録有形文化財(建造物)

境内正面の参道上に南面して建つ八脚門。東西棟の切妻造桟瓦葺で、組物は出三斗、軒は二軒繁垂木、中備は蟇股と間斗束、妻飾は二重虹梁で蕪懸魚を吊る。細身ながら具象的で躍動感ある虹梁等の絵様が時代感覚を表している。森厳な境内の表構えを華やかに飾る。

関連リンク

熊野出速雄神社随神門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

熊野出速雄神社摂社侍従大神社拝殿
蚊屋島神社随神門
善行寺山門
方広寺山門
専教寺山門
ページトップへ