西教寺宗祖大師殿通用門 さいきょうじしゅうそだいしでんつうようもん

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 大正 / 近畿 

滋賀県
大正/1917
木造平唐門、瓦葺、間口3.0m、左右袖塀全長3m及び築地塀全長43m付
1棟
滋賀県大津市坂本本町3210
登録年月日:20010828
宗教法人西教寺
登録有形文化財(建造物)

大正期の伽藍整備の一環で建設された。大師殿の西側,基壇上に建つ1間1戸の平唐門で,両側に折曲がりの築地塀が延びる。屋根は檜皮葺で,軒は大疎垂木。通用門のため簡素なつくりであるが,規模が大きく,棟通りの大柄な蟇股が意匠の核になっている。

作品所在地の地図

関連リンク

西教寺宗祖大師殿通用門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

西教寺宗祖大師殿唐門
西教寺宗祖大師殿水屋
西教寺客殿通用門
西教寺宗祖大師殿
延暦寺大書院庭門
ページトップへ