陽和工房登窯 ようわこうぼうのぼりがま

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 江戸 / 中国・四国 

高知県
江戸/1830-1867
煉瓦造、奥行20m、幅7m
1基
高知県安芸市井ノ口乙3472
登録年月日:20040609
陽和産業株式会社
登録有形文化財(建造物)

文化文政頃より始まった内原野焼という陶器窯元の施設。緩やかな斜面に築かれた全長20m,幅7m,6房からなる連房式登窯で,粘土でかたちづくり,内外に焼粘土塊を張付けて整える。江戸後期の数少ない登窯として,地域の産業史を物語る稀少な存在である。

作品所在地の地図

関連リンク

陽和工房登窯チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大谷焼大西窯登窯
長谷園登り窯
赤膚山元窯大型窯
末田の窯業生産工房及び登窯
大谷焼森窯登窯
ページトップへ