文化遺産オンライン

栖原角兵衛屋敷主屋

すはらかくべえやしきしゅおく

概要

栖原角兵衛屋敷主屋

すはらかくべえやしきしゅおく

住居建築 / 江戸 / 近畿

和歌山県

江戸/1797

木造平屋建、瓦葺、建築面積311㎡

1棟

和歌山県有田郡湯浅町栖原913-1

登録年月日:20041108

登録有形文化財(建造物)

敷地の南西に南面して建つ木造平屋建で,桁行5間梁行5間半。屋根は切妻造,本瓦葺で,表に本瓦葺の下屋庇を付ける。東が土間,床上は板間と8畳2室で,西に8畳座敷を突出させる。土間の東に落棟,北に炊事場の土間が付属する。建設年は棟札による。

関連作品

チェックした関連作品の検索