河合家住宅内蔵及び渡廊下 かわいけじゅうたくうちぐらおよびわたりろうか

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 江戸 / 近畿 

奈良県
江戸/1830-1867
内蔵 土蔵造2階建、瓦葺、建築面積21㎡、渡廊下 木造、銅板葺、面積5.0㎡
1棟
奈良県橿原市北八木町2-154-1
登録年月日:20090807
登録有形文化財(建造物)

内蔵は主屋の隠居所後方に坪庭を挟んで建ち、渡廊下で繋ぐ。内蔵は桁行3.9m梁間2.9m、土蔵造2階建、切妻造本瓦葺である。渡廊下は銅板葺で、柱間装置を設けず開放的なつくりになり、坪庭と主屋裏庭を緩やかに隔てて、良質な庭空間を形成している。

作品所在地の地図

関連リンク

河合家住宅内蔵及び渡廊下チェックした作品をもとに関連する作品を探す

河合源七郎家住宅外蔵
河合源七郎家住宅内蔵
河合家住宅乾蔵
岡橋家住宅内蔵
小川又兵衛商店内蔵
ページトップへ