河合家住宅離れ座敷及び茶室 かわいけじゅうたくはなれざしきおよびちゃしつ

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 大正 / 近畿 

奈良県
大正/1921
木造2階一部平屋建、瓦葺及び銅板葺、建築面積140㎡
1棟
奈良県橿原市北八木町2-168-1
登録年月日:20090807
登録有形文化財(建造物)

敷地に東寄りに建つ。離れ座敷は桁行13m梁間7.9m、木造2階建、入母屋造桟瓦葺で、北に一畳台目の茶室、西に洗面所、南に居室を附属する。2階は大広間二室の三方に縁をめぐらし、かつては大和三山を望んだと伝える。商家の中庭に建つ接客施設の一例。

作品所在地の地図

関連リンク

河合家住宅離れ座敷及び茶室チェックした作品をもとに関連する作品を探す

河合源七郎家住宅離れ座敷及び茶室
碧雲荘(旧熊本家住宅)主屋
河合家住宅主屋
河合家住宅長屋門
山内家住宅離れ
ページトップへ