河合源七郎家住宅離れ座敷及び茶室 かわいげんしちろうじゅうたくはなれざしきおよびちゃしつ

住居建築 / 大正 / 近畿 

奈良県
大正/1912-1925
木造平屋建、瓦葺一部銅板葺、建築面積42㎡
1棟
奈良県橿原市北八木町2-155
登録年月日:20091102
登録有形文化財(建造物)

主屋後方に突出した座敷と廊下を介して接続する。離れ座敷は桁行4.9m梁間6.4m、木造平屋建、入母屋造桟瓦葺で、北側に三畳の茶室を附属する。いずれも皮付丸太などを用いて数寄屋風意匠でまとめており、中庭の閑静な佇まいを創出している。

作品所在地の地図

関連リンク

河合源七郎家住宅離れ座敷及び茶室チェックした作品をもとに関連する作品を探す

河合家住宅離れ座敷及び茶室
木綿家住宅離れ
奈良町にぎわいの家離れ
河合源七郎家住宅中門及び塀
堀井家住宅離れ
ページトップへ