文化遺産オンライン

佐竹家住宅離れ

さたけけじゅうたくはなれ

概要

佐竹家住宅離れ

さたけけじゅうたくはなれ

住居建築 / 昭和以降 / 近畿

和歌山県

昭和中/1957

木造平屋一部2階建、瓦葺、建築面積62㎡

1棟

和歌山県御坊市御坊103

登録年月日:20150326

登録有形文化財(建造物)

主屋角屋の北西に渡廊下を介して建ち、入母屋造本瓦葺で、東寄りに二階を持つ。一階は三室の座敷を並べ、八畳主室には書院付の床を設けて、部屋境に筬欄間を嵌める。二階座敷では数寄屋風を加味する。洗練された意匠になる離れで、山林業による繁栄を伝える。

関連作品

チェックした関連作品の検索