文化遺産オンライン

増井家住宅主屋

ますいけじゅうたくしゅおく

概要

増井家住宅主屋

ますいけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 明治 / 中国・四国 / 香川県

香川県

明治/1907/1948増築・1956改修

木造平屋建、瓦葺、建築面積131㎡

1棟

香川県高松市扇町1-58-2

登録年月日:20090428

登録有形文化財(建造物)

通りに北面して建つ。間口7.0mの木造つし2階建。内部は東に通り土間を設け、西を床上とし、背面に奥座敷などの増築を設ける。切妻造本瓦葺で、下屋庇を設け、1階正面には出格子窓を付け、上部黒漆喰仕上げとし、虫籠窓を穿つ。高松城下の町家形式を伝える。

増井家住宅主屋をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

格子 / / 出る / 瓦葺

関連作品

チェックした関連作品の検索