増井家住宅書院 ますいけじゅうたくしょいん

住居建築 / 江戸 / 中国・四国 

香川県
江戸/1830-1867/1956改修
木造平屋建、瓦葺一部金属板葺、建築面積166㎡
1棟
香川県高松市扇町1-58-2
登録年月日:20090428
登録有形文化財(建造物)

主屋の東に連続して建つ。間口15mの町家建築で、切妻造本瓦葺とし、正面に下屋庇を付ける。主屋に接して北に八畳と南に十畳を並べ、南の庭園に面して低い切目縁を付ける。十畳にはトコや天袋、平書院を構え、欄間や襖で飾る。瀟洒な書院座敷である。

作品所在地の地図

関連リンク

増井家住宅書院チェックした作品をもとに関連する作品を探す

増井家住宅茶室
安楽寺書院
増井家住宅主屋
梶原家住宅南離座敷
小栗家住宅書院
ページトップへ