文化遺産オンライン

梶原家住宅茶室しづの舎

かじわらけじゅうたくちゃしつしづのや

概要

梶原家住宅茶室しづの舎

かじわらけじゅうたくちゃしつしづのや

住居建築 / 大正 / 近畿

兵庫県

大正/1912-1925

木造平屋建、茅葺一部瓦葺、建築面積47㎡

1棟

兵庫県姫路市大塩町字宮之本457

登録年月日:20091102

登録有形文化財(建造物)

南離座敷の東に渡廊下を介して続く。四畳半と四畳、二畳中板の三席から構成される。北半部を落棟とする南北棟の入母屋造茅葺と、その西に付く切妻造桟瓦葺からなる。四畳席に杓の柄窓を穿つほか、様々な趣向が所々に見られ、意匠的に洗練された優麗な茶室。

関連作品

チェックした関連作品の検索