旧太田家住宅(旧所在 茨城県笠間市片庭) 土間 おおたけじゅうたく どま

住居建築 / 江戸 / 関東 

神奈川県
江戸中期/1661-1750
桁行10.0m、梁間6.6m、東面突出部 桁行2.8m、梁間5.7m、寄棟造、
妻入、茅葺、主屋間、土間取合部附属
1棟
神奈川県川崎市多摩区枡形七丁目1番1号日本民家園内
重文指定年月日:19680425
国宝指定年月日:
川崎市
重要文化財

この住宅は茨城県北部にみられる別棟形式で、主屋と土間が別々の屋根になり、間に樋を設けて連結されている。建立は主屋が十七世紀後半、土間は十八世紀中頃と思われるもので、この種住宅としては古い遺例であり、茨城県内住宅の一典型として重要なものである。

作品所在地の地図

関連リンク

旧太田家住宅(旧所在 茨城県笠間市片庭) 土間チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧太田家住宅(旧所在 茨城県笠間市片庭) 主屋
旧作田家住宅(旧所在 千葉県山武郡九十九里町) 土間
旧作田家住宅(旧所在 千葉県山武郡九十九里町) 主屋
旧工藤家住宅(旧所在 岩手県紫波郡紫波町)
旧北村家住宅(旧所在 神奈川県秦野市堀山下)
ページトップへ