旧工藤家住宅(旧所在 岩手県紫波郡紫波町) くどうけじゅうたく

住居建築 / 江戸 / 関東 

神奈川県
江戸後期/1751-1763頃
桁行19.2m、梁間11.1m、南面突出部 桁行7.6m、梁間6.3m、寄棟造、茅葺
1棟
神奈川県川崎市多摩区枡形七丁目1番1号日本民家園内
重文指定年月日:19691218
国宝指定年月日:
川崎市
重要文化財

工藤家住宅は、土間と馬屋が前方に突出しているいわゆる「南部の曲り屋」として知られる農家である。岩手県の古い民家はもともとこうした突出部がない直屋だったが、一八世紀の中ごろから曲り屋の形があらわれる。この住宅ははじめから曲り屋としてつくられた農家で、 岩手県下で最も古いものに属す貴重なものである。

作品所在地の地図

関連リンク

旧工藤家住宅(旧所在 岩手県紫波郡紫波町)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧太田家住宅(旧所在 茨城県笠間市片庭) 土間
旧北村家住宅(旧所在 神奈川県秦野市堀山下)
旧作田家住宅(旧所在 千葉県山武郡九十九里町) 土間
旧作田家住宅(旧所在 千葉県山武郡九十九里町) 主屋
旧佐々木家住宅(旧所在 長野県佐久郡八千穂村)
ページトップへ