金剛證寺本堂 こんごうしょうじほんどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 安土・桃山 / 近畿 

三重県
桃山/1609
桁行七間、梁間六間、一重、寄棟造、向拝三間、檜皮葺、背面左右仏壇附属
1棟
三重県伊勢市朝熊町
重文指定年月日:19200415
国宝指定年月日:
金剛証寺
重要文化財

金剛證寺は空海の創立と伝わる古刹で、伊勢志摩の境に位置する朝熊岳の頂きに伽藍を構える。本堂は、摩尼殿と称する堂々たる巨宇で、棟札から慶長14年(1609)の建築であることが知られる。形式や装飾に建築当初の姿をほぼ完全にとどめており、桃山時代の精華を示す。

作品所在地の地図

関連リンク

金剛證寺本堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ページトップへ