東大寺鐘楼 とうだいじしょうろう

宗教建築 / 鎌倉 / 近畿 

奈良県
鎌倉前期/1207-1210
桁行一間、梁間一間、一重、入母屋造、本瓦葺
1棟
奈良県奈良市雑司町
重文指定年月日:18971228
国宝指定年月日:19510609
東大寺
国宝

鐘楼は榮西が鎌倉時代初期承元頃に再建したものである。方一間、四方吹放で、構造法や繰型は天竺様を基調としていると思われるが、特異な組物の配置などには唐様らしき点もみられ、異色ある建築として技術的及び様式的にみて文化史的意義が極めて深い。

作品所在地の地図

関連リンク

東大寺鐘楼チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東大寺二月堂
浄土寺本堂
東大寺金堂(大仏殿)
御上神社本殿
建長寺法堂
ページトップへ