旧京都中央電話局西陣分局舎 きょうとちゅうおうでんわきょくにしじんぶんきょくしゃ

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 大正 / 近畿 

京都府
大正/1921
鉄筋コンクリート造及び木造、建築面積489.00平方メートル、三階建(内装を除く)
1棟
京都府京都市上京区油小路通中立売下る甲斐守町97番地
重文指定年月日:20060705
国宝指定年月日:
西日本電信電話株式会社
重要文化財

旧京都中央電話局西陣分局舎は,油小路通と中立売通との交差点西南角にある。京都市内で三番目の電話分局になり,大正9年10月の起工,翌年12月の竣工で,設計は逓信技師の岩元祿である。鉄筋コンクリート造2階一部3階建である。外観は,正面1階に半楕円形断面の柱3本を立ち上げ,各頂部にヴィーナスのトルソーを載せ,2階弓形出窓の周囲や東面2階庇下を踊り子のレリーフ・パネルで飾る。
 旧京都中央電話局西陣分局舎は,夭折した建築家岩元祿の現存唯一の建築作品である。外観意匠は極めて独創的で,ドイツ表現主義と同質の造形意匠を創出した作品として,日本近代建築史上,重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧京都中央電話局西陣分局舎チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧京都中央電話局上分局
京都府庁旧本館
旧伊勢郵便局舎(宇治山田郵便局舎)
旧真宗信徒生命保険株式会社本館(本願寺伝道院)
旧札幌電話交換局舎
ページトップへ