京都府庁旧本館 きょうとふちょうきゅうほんかん

その他の画像全4枚中4枚表示

近代その他 / 明治 / 近畿 

京都府
明治/1904
煉瓦造一部石造、建築面積2822.43平方メートル、2階建、正面及び背面車寄付、スレート葺
1棟
京都府京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
重文指定年月日:20041210
国宝指定年月日:
京都府庁
重要文化財

京都府庁旧本館は,京都御所の西方に位置し,明治37年12月20日に竣工した。設計は,文部技師久留正道の指導の下,京都府技師松室重光が担当した。
 煉瓦造2階建,一部地下室付で,小屋組は木造トラス,屋根は天然スレート葺とする。平面は中庭をもつロ字形で,正面に車寄,背面に「議事堂」を突出する。石造風につくる優れた外観をもち,内部も正庁,大階段,議事堂など充実した室内意匠をもつ。
 京都府庁旧本館は,明治中期における日本人建築家による本格的西洋建築であり,西洋建築様式習得のひとつの到達点を示す作品として重要である。
 また,議事堂を一体化した府県庁舎建築の典型であり,明治以降の府県庁舎建築の定型として,以降の模範となったことでも歴史的意義が認められる。

作品所在地の地図

関連リンク

京都府庁旧本館チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧和歌山県会議事堂
旧日本銀行京都支店
旧真宗信徒生命保険株式会社本館(本願寺伝道院)
同志社啓明館本館
山口県旧県庁舎及び県会議事堂 旧県庁舎
ページトップへ