腕輪 うでわ

考古資料  骨角・牙・貝製品類 / 縄文 / 日本  東北  宮城県 

縄文時代
オオツタノハ
左径5.5cm
1点
里浜貝塚
重要文化財

オオツタノハを加工してつくった腕輪。オオツタノハは奄美諸島以南に生息する貝で、交易品として里浜貝塚にもちこまれている。左、径5.5cm。縄文時代晩期。鳴瀬町里浜貝塚。

作品所在地の地図

関連リンク

腕輪チェックした作品をもとに関連する作品を探す

製塩土器
宮城県里浜貝塚出土品
縄文土器
やじりが刺さった獣骨
腕輪
ページトップへ