腰飾り こしかざり

考古資料  骨角・牙・貝製品類 / 縄文 / 日本  東北  宮城県 

縄文時代
鹿の角製
巾14.9cm
1点
里浜貝塚
重要文化財

鹿の角製。全面がベンガラ(酸化第二鉄)で赤く塗られていたとみられる。同様のものが、人骨の腰の部分から出土した例があることから、腰飾りとして使われたと考えられている。巾14.9cm。縄文時代。鳴瀬町里浜貝塚。

作品所在地の地図

関連リンク

腰飾りチェックした作品をもとに関連する作品を探す

やじりが刺さった獣骨
宮城県里浜貝塚出土品
ペンダント
腕輪
鳥形角器
ページトップへ