腕輪 うでわ

考古資料  骨角・牙・貝製品類 / 縄文 / 日本  東北  宮城県 

縄文時代
イタホガキ
最大径8.5cm
1点
南境貝塚

イタホガキを加工してつくった腕輪。最大径8.5cm。縄文時代。河北町南境貝塚。

作品所在地の地図

関連リンク

腕輪チェックした作品をもとに関連する作品を探す

腕輪
腕輪
腕輪
腕輪
ペンダント
ページトップへ