文化遺産オンライン

赤壁之図

せきへきのず

作品概要

赤壁之図

せきへきのず

日本画 / 絵画 / 江戸 / 日本

東東洋

江戸時代

絹本著色

本紙縦134.0×横46.1(cm)

一幅

作者 東東洋。時代 江戸時代後期。品質形状 絹本著色 一幅。説明 主題は北宋の文人蘇軾<そしょく>(1036~1101)の「赤壁<せきへき>の賦<ふ>」。赤壁とは現在の中国湖北省嘉魚県<こほくけんかぎょぐん>のことで、後漢の末期、魏の曹操<そうそう>が呉の孫権<そんけん>、蜀の劉備<りゅうび>と戦ったところ。昔の戦いに思いをはせつつ、舟遊びに興じる蘇軾たちの姿が描かれる。

赤壁之図をもっと見る

東東洋をもっと見る

東北歴史博物館をもっと見る

キーワード

東洋 / / / 品質

関連作品

チェックした関連作品の検索