護国論(中嶋家文書) ごこくろん

歴史資料  文書・書籍 / 江戸 / 日本 

江戸時代
1

仙台藩家臣中嶋家の最後の主である恒成は、嘉永六(1853)年、ペリー来航を機に尊王攘夷の大戦を唱え、仙台藩の勤王家となるが、佐幕派の家老但木土佐と対立し、閉門となった。この『護国論』は彼の著作と伝えられている。

作品所在地の地図

関連リンク

護国論(中嶋家文書)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

知行宛行状(中嶋家文書)
知行目録(中嶋家文書)
金山要害絵図〔享保二年〕(中嶋家文書)
金山要害絵図〔享保十三年〕(中嶋家文書)
金山要害絵図〔享保十年〕(中嶋家文書)
ページトップへ