博多松ばやし はかたまつばやし

その他の画像全4枚中4枚表示

無形民俗文化財 / 九州 

選定年月日:19761225
保護団体名:博多松ばやし保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

松ばやしは新春を祝う行事で、時の権門勢家を訪れて祝福する芸能で、とくに室町時代は盛んであったことが知られているが、その後はいろいろの変遷があって、ドンタクや港祭の中に取り入れられて今日に至り、博多では、五月三日、四日に行われる、古くより旧博多の流れの町が当っていたが、現在では各組とも参加する町の数が減少している。松ばやしには、福神、大黒、恵比寿と稚児の風流が出る。稚児の風流以外はいずれも仮装の風流で、それらしい仮面をつけ、それらしい仕度が馬上にゆられて市街をまわる。それぞれの風流の言立ては子供が大声で締太鼓の囃子につれて唱える。稚児舞は子供による笛、太鼓、鼓の囃子により舞われる。

関連リンク

博多松ばやしチェックした作品をもとに関連する作品を探す

野原八幡宮風流
弥栄神社の鷺舞
加茂神社の稚児舞
野母の盆踊
長滝の延年
ページトップへ