小手川家住宅 こてがわけじゅうたく

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 江戸 / 九州 

大分県
江戸/1865頃
木造2階建,瓦葺,建築面積128㎡
1棟
大分県臼杵市大字臼杵字浜町538
登録年月日:19970903
フンドーキン醤油株式会社
登録有形文化財(建造物)

酒造業を営む家の離れとして母屋と同時期に建設されたと伝える。母屋の東に隣接し,現在は東半部を住居,西半部を野上弥生子文学記念館とする。せがい軒で正面に格子を入れたこの地方によくみられる町家のひとつで,漆喰塗りの母屋と好対照の意匠を持つ。

作品所在地の地図

関連リンク

小手川家住宅チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小手川酒造主屋
野上弥生子成城の家
小手川酒造蔵
斉藤家住宅
高橋家住宅主屋
ページトップへ