百済寺跡 くだらでらあと

社寺跡又は旧境内 / 近畿 

大阪府
枚方市中宮西之町
指定年月日:19410127
管理団体名:枚方市(昭40・10・7)
史跡名勝天然記念物

字宮山ノ臺地ニ存シ南正面ニ南大門阯アリ其ノ北ニ中門阯、金堂阯、講堂阯アリテ南北中軸線上ニ並ビ金堂阯ノ斜前方ニ二基ノ塔阯東西相對シテ存シ廻廊阯ハ中門阯ノ兩側面ヨリ左右ニ延ビテ東西ニ向ヒ北折シテ塔阯ノ外側ヲ過ギテ北ニ進メリ
南大門阯ハ土壇ノ高サ約一尺ニシテ四個ノ礎石殘存シ中門阯ハ三個ノ礎石及九箇所ニ柱礎下栗石群アリ孰レモ三間ニ二間ノ樓門タリシコトヲ示セリ 塔阯ハ其ノ心礎ノ位置中門阯ノ眞柱筋ヨリ直北約五十九尺ノ線上ニアリテ夫々中軸線ヨリ約百四十一尺離レテ存シ共ニ土壇ヲトドメ基壇周圍ニハ地覆石ヨク殘レリ東塔阯ハ現在二個ノ四天柱礎ト三個ノ側柱礎トヲ有シ方三間ニシテ一邊十七尺九寸ト推定セラル 礎石ハ孰レモ表面ニ徑約二尺ノ圓形造出シヲ設ケ更ニ徑一尺八九寸ノ圓柱座ヲ施シ中央ニ高サ二寸乃至三寸ノ■ヲ突出セリ 西塔阯ハ心礎及四天柱礎二個、側柱礎七個ヲ有シ心礎ハ略圓形ニシテ表面ニ徑二尺九寸二分ノ圓形造出シヲ設ケ更ニ徑二尺六寸四分ノ柱座ヲ施シ其ノ中央ニ高サ二寸徑一尺ニ近キ■ヲ突出セリ 金堂阯ハ兩塔阯ノ中心線上ヨリ約六十五尺離レテ存シ高サ約二尺五寸ノ土壇ヲ有シ土壇周圍ニ專列繞リ五個ノ礎石及十六個所ノ柱礎下栗石群アリ是等ニ依ツテ七間ニ四間ノ堂宇タリシコト推察セラル 講堂阯ハ柱礎下栗石群存シテ其ノ位置推定セラルルモ規模明カナラズ廻廊阯ハ單廊ニシテ礎石ハ西廻廊阯最モヨク殘リ内側列十二個、外側列十個、都合二十二個ノ礎石殘存セリ尚寺阯ノ地域内ヨリ奈良時代末期平安時代初期ノ様式ヲ示ス遺瓦多量ニ出土シ又古錢、鍍金飾金具、塔露盤覆鉢片等ヲ出ダセリ 此ノ如ク堂塔ノ遺阯明暸ニシテ廻廊阯…

作品所在地の地図

関連リンク

百済寺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

新治廃寺跡<BR/> 附 上野原瓦窯跡
下府廃寺塔跡
飛騨国分寺塔跡
豊後国分寺跡
北野廃寺跡
ページトップへ