真木家住宅日本館 まきけじゅうたくにほんかん

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 明治 / 関東 

東京都
明治/1910頃/1937移築
木造平屋建、瓦葺、建築面積93㎡、渡廊下付
1棟
東京都調布市上石原2-48-4
登録年月日:20000428
登録有形文化財(建造物)

洋館とともに白金から現在地に移築され、洋館の東方に南面して置かれ、洋館とは渡り廊下でつながれる。木造、平屋建、寄棟造、桟瓦葺で、東南に書院座敷を配する。材料、施工とも上質な造りになり、明治後期の和館洋館併存住宅の事例として貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

真木家住宅日本館チェックした作品をもとに関連する作品を探す

真木家住宅洋館
尾日向家住宅洋館・和館
新井家住宅主屋
正司家住宅和館
浅田家住宅主屋
ページトップへ