大内氏遺跡
 附 凌雲寺跡
おおうちしいせきつけたりりょううんじあと

その他の画像全2枚中2枚表示

社寺跡又は旧境内 / 中国・四国 

山口県
山口市大殿大路・上宇野令・中尾
指定年月日:19591127
管理団体名:山口市(昭40・7・24)
史跡名勝天然記念物

大内氏が中世の政治、経済史上に、はたまた文化史上に占めた位置の極めて高かったことは更めて説くまでもないことである。
大内氏が山口に居を構えたのは南北朝時代弘世の時といわれる。山口は東北西の三方に山を連ね、南に口を開く盆地状の小平野であって、その間を椹野川が南へ貫流し、中世豪族拠地の典型的な地形を示している。街区また往時を偲ばしめるものがあるが、指定の対象は館と城との跡である。
館は、確証を欠く憾はあるが現竜福寺境内といわれ、その南辺を東西に通る道路の大殿小路(大路)の名は、この名残とされている。竜福寺は、もと白石にあり、義隆(竜福寺殿)の庇護した寺であって、毛利隆元が館跡に移建したものと称されている。方形状の地域であって、周辺に土塁、堀など、なお、その旧態を偲ぶことができる。この北に近く築山の跡がある。築山は教弘(築山殿)寛正六年歿の営むところといわれ、当時の記録にも屡々その名が現われるが、別墅の如き館であったと思われる。いま、域内に八坂神社元治六年移建、築山神社明治二年移建があるが、北西隅に矩の手に土塁が遺存するのは、居館の位置、規模を示す遺構として極めて貴重で、江戸時代の末まで苑池のあとがのこっていたといわれる。
大内氏は、その盛時、他に見るが如き城郭は設けなかったといわれるが、大内氏最後の義長は、毛利氏の来襲に備えて、山口市街の西に聳える標高338メートルいまの鴻峯に築城した。弘治2年春のことであるが、翌3年3月、毛利氏来攻の際、一時これに拠ったが、守り難きを察して長門へ遁れ落城した。高嶺城といい、高嶺はまた高峯、鴻峯とも書かれ、岳…

作品所在地の地図

関連リンク

大内氏遺跡
 附 凌雲寺跡
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大内義隆寄進状
大内義隆寄進状

大内義隆

菊川城館遺跡群<BR/> 高田大屋敷遺跡<BR/>   横地氏城館跡
京極氏遺跡<BR/>                  京極氏城館跡<BR/>弥高寺跡
大内版法華経板木
益田氏城館跡
ページトップへ