中山荘園古墳 なかやまそうえんこふん

古墳 / 近畿 

兵庫県
宝塚市中山荘園
指定年月日:19990128
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

中山荘園古墳は,7世紀中頃に築造されたと推定される,いわゆる「終末期古墳」である。宝塚市北方の長唇山丘陵の南斜面に所在し,当時の天皇陵と共通する八角形の墳丘をもち,切石ではないが横口式石櫛に近い形態・規模の石室を有している。昭和57年にマンションの建設にともない発見され,宝塚市教育委員会による昭和58・59年の発掘調査の結果,八角填であることが判明した。発掘調査により八角形の墳丘全容が明確となった最初の事例であり,事業計画を変更し,事業地内にあたる墳丘東半分について保存を図ることができた。しかし,土地所有者の異なる西半分については,宝塚市の買収要望に対する同意がえられず,発見から15年が経過したが,今回,所有者の理解がえられ, 一体としての保護・活用が可能になったものである。
古墳は丘陵裾部から18mほど上がった中腹に立地し,両側に緩い稜線が入るわずかな谷地形を謹んでいる。墳丘は石室の主軸に稜角をおくように八角形に割り付けているが,石室開口部側の二辺分については,方形壇としている。墳丘規模は,八角の対角長で約13mである。墳丘裾部には,原則として各辺2列の列石がめぐる。墳裾の基底部は北から南にかなり傾斜しており,墳丘背面の北側と前面の方形壇裾では約4mの高低差がある。
ほぼ真南に開口する横穴式石室は,長さ3.5mで嘩・高さとも1.3mの女室に,長さ1.2mで幅0.7mの羨道を取り付けたものである。羨道南端の開口部分から東西両側にのびる外護列石が認められる。奥壁は1牧石でやや内債するように立て,側壁は4〜5段に積み上げている。 天井石は玄室部分の3石が残る。石材は切石ではなく,花崗岩及び結…

作品所在地の地図

関連リンク

中山荘園古墳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

矢立山古墳群
水科古墳群
須曽蝦夷穴古墳
高下古墳出土品一括
武蔵府中熊野神社古墳
ページトップへ