三井三池炭鉱跡
 宮原坑跡
 万田坑跡
 専用鉄道敷跡
 旧長崎税関三池税関支署
みついみいけたんこうあと
 みやはらこうあと
 まんだこうあと
 せんようてつどうじきあと
 きゅうながさきぜいかんみいけぜいかんししょ

その他の画像全9枚中9枚表示

その他 

2県以上
福岡県大牟田市宮原町、熊本県荒尾市原万田
指定年月日:20000119
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 三池炭坑は、明治6年に官営となり、大浦坑、七浦坑、宮浦坑、勝立坑等を主力坑として施設の近代化が進められたが、明治22年に三井組に払い下げられ、団琢磨を指導者として経営の拡大が図られた。明治期に宮原坑、万田坑、大正年間に四山坑が開鑿されて我が国最大の炭坑に発展した。採掘された石炭は炭坑専用鉄道によって大牟田市の石炭化学工場や三池港へ運搬された。昭和14年に三川坑が開かれたが、戦後の昭和30年代に三川坑を舞台に発生した大規模な労働争議とエネルギー政策の転換の後、産炭量は次第に減少した。
 石炭鉱業は、日本の近代史において歴史的に大きな役割を果たした産業であり、炭坑に関する遺跡は、我が国の近代産業の歴史を理解するために欠くことのできない遺跡である。多くの炭坑施設が姿を消した今日において、なお良好に保存されている三井三池炭坑跡の宮原坑跡と万田坑跡を史跡に指定し、保存の万全をはかるものである。

平成25年3月27日追加指定分
 今回、追加指定を行うのは、宮原坑跡・万田坑跡のそれぞれ既指定地の隣接部分、及び炭鉱専用鉄道敷跡である。宮原坑跡では、既指定地の西側及び北側を追加指定する。大牟田市教育委員会が平成22年に既指定地の西側を発掘調査した結果、汽罐場のものと考えられる排煙用煙突2基や煉瓦建物の基礎部分を、同北側では構内軌条跡を検出し、宮原坑に関わる施設が地下に良好に遺存していることが判明した。
 万田坑跡では、荒尾市教育委員会が平成23年度策定の保存管理計画に基づき、既指定地と同等の価値を有する採炭に深く関わる区域、すなわち、汽罐場跡と第一竪坑坑口…

作品所在地の地図

関連リンク

三井三池炭鉱跡
 宮原坑跡
 万田坑跡
 専用鉄道敷跡
 旧長崎税関三池税関支署
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

高島炭鉱跡<BR/> 高島北渓井坑跡<BR/> 中ノ島炭坑跡<BR/> 端島炭坑跡<BR/>
三井石炭鉱業株式会社三池炭鉱旧万田坑施設 山ノ神祭祀施設
三井石炭鉱業株式会社三池炭鉱旧万田坑施設 安全燈室及び浴室
三井石炭鉱業株式会社三池炭鉱旧万田坑施設 事務所
三井石炭鉱業株式会社三池炭鉱宮原坑施設 第二竪坑櫓
ページトップへ