高島炭鉱跡
 高島北渓井坑跡
 中ノ島炭坑跡
 端島炭坑跡
たかしまたんこうあと ほっけいせいこうあと なかのしまたんこうあと はしまたんこうあと

その他の画像全4枚中4枚表示

史跡 / 江戸  明治  大正  昭和以降 / 九州 

長崎県
江戸末〜近代
長崎県長崎市
指定年月日:20141006
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

高島炭鉱跡は,三池(みいけ)・筑(ちく)豊(ほう)両炭鉱(りょうたんこう)と並ぶ,我が国近代を代表する採炭に関する遺跡である。遺跡は長崎市中心部の南西約15~20km,長崎半島の西方約5kmの海上に浮かぶ高島・中ノ島・端島に所在する。幕末,開国により蒸気船燃料としての石炭需要が高まるなか,慶応4年(1868)佐賀藩とグラバー商会との出資事業として,高島に北渓井坑が作られ,外国技術を初めて導入し,蒸気(じょうき)機関(きかん)を動力とする捲揚機(まきあげき)が設置されて採炭が行われ,明治9年(1876)まで稼働した。中ノ島炭坑は明治16年(1883)から出炭を開始,翌17年に岩崎(いわさき)弥太郎(やたろう)の三菱社(みつびししゃ)の経営となり,高島炭鉱初期の主要炭坑となったが,出水が激しく,明治26年(1893)に廃坑となった。端島炭坑は,明治23年(1890)に三菱社が買収し,設備改良等を行うことで採炭が本格化し,高島炭鉱の優良坑へと成長し,昭和49年(1974)の閉山まで操業した。端島は段階的に埋立てられ,施設整備が進むとともに,狭隘(きょうあい)な島内では居住施設が生産施設と併存し,高層集合住宅も建設された。現在,3島には明治から昭和に至る各時期の遺構が多数残り,我が国近代の石炭産業の成立と発展を知る上で重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

高島炭鉱跡
 高島北渓井坑跡
 中ノ島炭坑跡
 端島炭坑跡
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三井三池炭鉱跡<BR/> 宮原坑跡<BR/> 万田坑跡<BR/> 専用鉄道敷跡<BR/> 旧長崎税関三池税関支署
海軍燃料廠採炭部 新原採炭所本部跡 (新原公園)附 萩尾善次郎銅像、海軍燃料廠第四坑表札、海軍炭鉱創業記念碑道標、志免鉱業所境界標<BR/>
足尾銅山跡<BR/> 通洞坑<BR/> 宇都野火薬庫跡<BR/> 本山坑<BR/> 本山動力所跡<BR/> 本山製錬所跡<BR/> 本山鉱山神社跡
旧杵島炭鉱大鶴鉱業所第二坑口
旧三池炭鉱宮浦坑煙突
ページトップへ