文化遺産オンライン

宮崎神宮正門

みやざきじんぐうせいもん

概要

宮崎神宮正門

みやざきじんぐうせいもん

宗教建築 / 明治 / 九州

宮崎県

明治/1907

木造、銅板葺、間口5.5m

1棟

宮崎県宮崎市神宮2-485-1他

登録年月日:20100115

登録有形文化財(建造物)

拝所の南方、参道正面に位置する。間口5.5mと規模の大きい四脚門。切妻造銅板葺。本柱・控柱とも円柱で、冠木や貫で固め、控柱上には舟肘木を置く。一軒疎垂木とし、豕叉首組、中備に束を建てる。菊紋の大きな金具を飾る板戸両開をたてる。簡明で重厚な門。

宮崎神宮正門をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

宮崎 / 神宮 / / 板葺

関連作品

チェックした関連作品の検索