遠石八幡宮神門及び袖塀 といしはちまんぐうしんもんおよびそでべい

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 昭和以降 / 中国・四国 

山口県
昭和前/1940/1955頃改修
神門 木造、銅板葺、間口4.2m 袖塀 木造、銅板葺、総延長12m、潜戸付
1棟
山口県周南市遠石2-1408
登録年月日:20131224
宗教法人遠石八幡宮
登録有形文化財(建造物)

拝殿の正面に建つ四脚門。本柱は円柱で、冠木より上部では虹梁と組んで大瓶束風に見せ、笈形を付す。控柱は角柱で組物は大斗肘木。軒は一軒で、門扉は桟唐戸両開とする。左右袖塀は各三間で中央を脇門とし、脇間に連子窓をたてる。厳格な雰囲気を醸す表門。

作品所在地の地図

関連リンク

遠石八幡宮神門及び袖塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

遠石八幡宮本殿
遠石八幡宮透塀
遠石八幡宮手水舎
遠石八幡宮幣殿
遠石八幡宮神饌所
ページトップへ