遠石八幡宮幣殿 といしはちまんぐうへいでん

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 昭和以降 / 中国・四国 

山口県
昭和前/1940/1955頃改修
木造平屋建、銅板葺、建築面積44㎡
1棟
山口県周南市遠石2-1408他
登録年月日:20131224
宗教法人遠石八幡宮
登録有形文化財(建造物)

本殿前面に取付き、桁行四間で後方を床張、前方を擬石敷とし、境に木階二級を設ける。屋根は後方切妻造、前方両下造の段違いで、角柱に舟肘木を載せ、一軒繁垂木とする。側面の半蔀上戸は二つ折りで磨ガラスを用いる。内部架構は虹梁大瓶束笈形付。近代的な幣殿。

作品所在地の地図

関連リンク

遠石八幡宮幣殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

遠石八幡宮本殿
遠石八幡宮拝殿
遠石八幡宮神門及び袖塀
遠石八幡宮神饌所
遠石八幡宮祭器庫
ページトップへ