離宮八幡宮中門 りきゅうはちまんぐうちゅうもん

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 昭和以降 / 近畿 

京都府
昭和前/1928頃
木造、銅板葺、間口3.3m、左右袖塀付
1棟
京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字西谷21-1
登録年月日:20131224
宗教法人離宮八幡宮
登録有形文化財(建造物)

拝殿正面に位置し、本殿、拝殿、中門を一直線に並べる。四脚門形式で左右に矩折に袖塀を付属する。本柱、控柱とも角柱で、両開の桟唐戸を吊る。軒は二軒で優美な反りをもたせる。妻に板蟇股を配し、正面蟇股には東福寺月下門の意匠を引用し、外観を引き立てる。

作品所在地の地図

関連リンク

離宮八幡宮中門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

離宮八幡宮透塀
離宮八幡宮手水所
離宮八幡宮高天宮神社
離宮八幡宮本殿
離宮八幡宮拝殿
ページトップへ