離宮八幡宮透塀 りきゅうはちまんぐうすきべい

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 昭和以降 / 近畿 

京都府
昭和前/1928頃
木造、銅板葺、延長38m、潜戸付
1棟
京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字西谷21-1
登録年月日:20131224
宗教法人離宮八幡宮
登録有形文化財(建造物)

本殿の側背面にコ字形に配された透塀で、側面六間、背面八間とし、前端は拝殿釣殿端部に取付く。基壇上に建ち、腰までを羽目板、腰長押と内法長押で軸を固め、菱格子をはめる。軒は疎垂木で、屋根は銅板葺とする。簡素な意匠ながら、格調高い結界装置である。

作品所在地の地図

関連リンク

離宮八幡宮透塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

離宮八幡宮拝殿
離宮八幡宮高天宮神社
離宮八幡宮中門
離宮八幡宮本殿
離宮八幡宮手水所
ページトップへ