離宮八幡宮高天宮神社 りきゅうはちまんぐうこうてんぐうじんじゃ

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 昭和以降 / 近畿 

京都府
昭和前/1928頃
木造平屋建、銅板葺、建築面積4.7㎡
1棟
京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字西谷21-1
登録年月日:20131224
宗教法人離宮八幡宮
登録有形文化財(建造物)

境内西方に東面して建つ。三間社流造、銅板葺で、縁を廻らし、浜床を設け、妻を豕扠首とする。向拝中備は、拝殿同様に古式な蟇股を翻案した独自の意匠の蟇股を飾る。全体的に装飾を控え、復古的に簡素な意匠を見せることで格調のある趣きとしている。

作品所在地の地図

関連リンク

離宮八幡宮高天宮神社チェックした作品をもとに関連する作品を探す

離宮八幡宮本殿
離宮八幡宮手水所
離宮八幡宮透塀
離宮八幡宮中門
離宮八幡宮拝殿
ページトップへ