津軽家霊屋 凌雲臺 つがるけたまや りょううんだい

宗教建築 / 江戸 / 東北 

青森県
江戸後期/1753
桁行二間、梁間正面一間、背面二間、一重、入母屋造、妻入、こけら葺、
表門、玉垣附属
1棟
青森県弘前市大字西茂森一丁目
重文指定年月日:19860122
国宝指定年月日:
長勝寺
重要文化財

津輕家霊屋は初代弘前藩主為信室、二代藩主信牧、信牧室、三代藩主信義、六代藩主信著を祀った五棟の霊屋からなる。各霊屋は方二間、入毋屋造、こけら葺で、内部に石造無縫塔を安置する。いずれも江戸時代前期から中期に属するもので、本格的造りになる霊屋が建ち並ぶ景観は優れている。年代の明らかな江戸時代の霊屋群として重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

津軽家霊屋 凌雲臺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

津軽家霊屋 環月臺
津軽家霊屋 白雲臺
津軽家霊屋 明鏡臺
津軽家霊屋 碧巖臺
長勝寺御影堂
ページトップへ