真田信重霊屋 さなだのぶしげたまや

その他の画像全5枚中5枚表示

宗教建築 / 江戸 / 中部 

長野県
江戸前期/1648
桁行三間、梁間三間、一重、宝形造、向拝一間、こけら葺
1棟
長野県長野市松代町西条
重文指定年月日:19710622
国宝指定年月日:
西楽寺
重要文化財

真田信重は松代真田家の初代信之の第三子である。この霊屋は慶安元年(一六四八)に信重が死去し、間もなく建立された。三間四方の小堂ながら建立年代が明らかで、内部の装飾などに当時の手法がみられ、地方藩主の霊屋として貴重である。屋内の前机および釣灯籠も慶安の銘があり附指定になった。

作品所在地の地図

関連リンク

真田信重霊屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

真田信重霊屋
真田信之霊屋 宝殿
真田信之霊屋 表門
津軽家霊屋 白雲臺
津軽家霊屋 碧巖臺
ページトップへ