白鳥神社 三社本殿・拝殿・絵馬殿 しろとりじんじゃ さんしゃほんでん・はいでん・えまでん

その他の画像全10枚中10枚表示

建造物 / 江戸 / 中部 

長野県
江戸時代後期/1813年
・三社本殿(三間社流造、杮葺)
・拝殿(入母屋造平入、桟瓦葺、祝詞殿は寄棟造、桟瓦葺)
・絵馬殿(入母屋造平入、正面両翼切妻屋根、桟瓦葺)
・三社本殿(桁行3間、梁間1間)
・拝殿(桁行3間、梁間2間、祝詞殿は桁行1間半、梁間1間半)
・絵馬殿(桁行5間、梁間3間)
3棟
長野市松代町西条字東六工3673番地・3674番地
長野市指定
指定年月日:20120411
白鳥神社宮司 瀧澤 基
有形文化財(建造物)

○三社本殿: 祭神は、日本武尊と真田家の遠祖とされる貞元親王・貞保親王。本殿は、正面に一間毎に板唐戸を設けた身舎と向拝で構成される。身舎・向拝ともに中備蟇股が3つずつあり、身舎はウサギやリスの彫刻、向拝は正面側には動物、裏面には植物を模した装飾が施される。蟇股が支える実肘木の絵様に彩色をしている。向拝木鼻は象鼻。向拝虹梁・海老虹梁の錫杖彫に彩色。身舎内法長押につく釘隠しは、「六連銭」の意匠。妻の懸魚はかぶら懸魚。建築年代は文化10年(1813)。

○拝殿: 鳥衾・鬼瓦共六連銭彫付、平入り、向拝付き、三方回廊、脇障子付き。境内の中腹に位置し、本殿に向けて一直線上に立地する。拝殿背面には、祝詞殿が張り出し屋根を共有する。身舎正面建具は、諸折れの板扉、両脇及び側面には半蔀戸を入れる。側面の一部は板壁。正面中備蟇股に彫物はない。木鼻は絵様があり、彫りは太く深い。向拝では、虹梁絵様は彫が深く複雑な造形。向拝正面木鼻は獅子鼻、側面は象鼻。中備蟇股は「六連銭」の透かし彫り。内部は畳敷き、壁には金箔を貼り、障壁画がある。長押の釘隠は「六連銭」、天井は格天井。祝詞殿は、壁は板壁、畳敷きで拝殿より2段高くなっている。天井は格天井、中備撥束、正面舞良戸。拝殿小屋組みに棟札があり、建築年代は文化10年(1813)。

○絵馬殿: 境内入口鳥居の左手に位置する。石組みの上に土台をのせる。腰貫まで縦羽目板。上部頭貫まで開放とする。頭貫上部は板壁。柱上に舟肘木をのせる。内部に床はなく、小屋組みは和小屋。御輿置き場を有する。建築年代は文化10年(1813)。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

白鳥神社 三社本殿・拝殿・絵馬殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

与野小村田氷川神社本殿 附 棟札 奉造立寶永六己丑歳五月吉祥日の記があるもの
香春神社本殿・拝殿・東回廊・石垣
黒瀧神社本殿 附 棟札等
荒田大王神社 本殿
二宮神社 本殿
ページトップへ