真田信之霊屋 表門 さなだのぶゆきたまや おもてもん

宗教建築 / 江戸 / 中部 

長野県
江戸前期/1660
四脚門、切妻造、こけら葺、両袖塀附属
1棟
長野県長野市松代町松代
重文指定年月日:19760520
国宝指定年月日:
重要文化財

松代真田家の初代藩主の霊屋で、長国寺境内に建つ。 宝殿は正面三間、側面四間入母屋造で千鳥破風や唐破風を付け、随所に彫刻を入れ、内外全面に極彩色や漆塗を施すなど、豪華な意匠になる。地方藩主のものとしては比較的大型であり、霊廟建築の一遺構として価値がある。

作品所在地の地図

関連リンク

真田信之霊屋 表門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

真田信之霊屋 宝殿
真田信重霊屋
津軽家霊屋 白雲臺
津軽家霊屋 碧巖臺
佐竹家霊屋
ページトップへ