長勝寺御影堂 ちょうしょうじみえいどう

宗教建築 / 江戸 / 東北 

青森県
江戸前期/1629頃
桁行三間、梁間三間、一重、宝形造、銅板葺
1棟
青森県弘前市大字西茂森一丁目
重文指定年月日:19860122
国宝指定年月日:
長勝寺
重要文化財

長勝寺は曹洞宗に属し、寛永六年建立の三門は重要文化財に指定されている。御影堂は初代弘前藩主津輕為信の木像を祀った方三間堂で、内部の厨子や須弥壇は重要美術品に認定されている。御影堂の架構は簡明で力強く、厨子や須弥壇の仕事も優秀で、彫刻などの細工もよい。また、各部に施された彩色や絵画もみるべき点がある。藩祖を祀るこの御影堂は南に配された津輕家霊屋と一体となって貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

長勝寺御影堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

津軽家霊屋 明鏡臺
津軽家霊屋 碧巖臺
津軽家霊屋 白雲臺
津軽家霊屋 凌雲臺
津軽家霊屋 環月臺
ページトップへ