阿弥陀寺本堂(旧紀伊藩台徳院霊屋) あみだじほんどう(きゅうきいはんたいとくいんたまや)

その他の画像全6枚中6枚表示

宗教建築 / 江戸 / 近畿 

和歌山県
江戸前期/1633
桁行五間、梁間五間、一重、寄棟造、向拝一間、本瓦葺
1棟
和歌山県和歌山市鳴神
重文指定年月日:20180817
国宝指定年月日:
宗教法人阿弥陀寺
重要文化財

 阿弥陀寺は和歌山市街東方に所在する浄土宗寺院で,本堂は紀伊藩が和歌山城下の大智寺に寛永10年(1633)に造営した2代将軍徳川秀忠の霊屋を,明治4年に移築したものである。
 本堂は,桁行五間,梁間五間の規模で,内部は中央の三間四方を内陣として,その中央後寄りに須弥壇を置き,周囲の外陣では海老虹梁を架けて柱同士をつなぐ。外観,内部ともに禅宗様を採用しつつ,各所に繊細かつ秀逸な彫刻を配し,建物全体に極彩色を施すなど,多様な装飾技術により華やかに荘厳をはかっている。徳川将軍を祀る廟所にふさわしい優れた意匠の霊廟建築として,高い価値を有している。

作品所在地の地図

関連リンク

阿弥陀寺本堂(旧紀伊藩台徳院霊屋)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

知恩院本堂(御影堂)
陽徳院霊屋
正法寺 本堂
本遠寺 本堂
清水寺本堂
ページトップへ