清水寺本堂 きよみずでらほんどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 九州 

長崎県
江戸中期/1668
桁行五間、梁間五間、一重、入母屋造、本瓦葺、南面下屋附属、桟瓦葺
1棟
長崎県長崎市鍛冶屋町
重文指定年月日:20101224
国宝指定年月日:
清水寺
重要文化財

 清水寺は元和9年(1623)に創建された真言宗寺院で、本堂は、中国人商人であった何高材(かこうざい)の寄進により寛文8年(1668)に建立された。
 平面は、桁行、梁間とも5間で、中央部の前側を外陣、後ろ側を内陣とし、周囲を吹き放しの下屋とする。屋根は入母屋造、本瓦葺である。
 清水寺本堂は、周囲を吹き放しとする平面形式や外陣の黄檗天井、下屋虹梁上の彫刻付台座など、黄檗宗寺院仏堂の独特の細部意匠を持つ建築として高い価値がある。また長崎県下における最古の密教系寺院本堂としても重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

清水寺本堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

百済寺本堂
善導寺 本堂
志度寺 本堂
長福寺本堂
誕生寺 御影堂
ページトップへ